クラウドサービスに動画をストックする

最近では、ソフトウェアをパソコンにインストールするのではなく、インターネット上にあるソフトを手元のパソコンのソフトのように扱うクラウドサービスという方法が人気となってきました。
どこにいても、パソコンが違っていたとしても全く同じような作業環境が整うので、ある意味合理的だと思うのです。そのようなクラウドサービスに、動画をストックできるというサービスがあります。
このサービスの魅力は、使わなければ料金が発生しないということです。データを置いた分のデータ量が計算されて、使用量が発生するので、使いたい動画だけをネット上に置き、必要ないと思えば削除すれば使用料金は抑えることができるのです。
最初は、インターネットに動画を置いたとしてメリットはないのでは?と思っていましたが、自分のパソコンのハードディスクを、バックアップしたりする作業を考えて予備の外付けハードディスクを持ち歩かなくても良いのなら、十分にコスト的には引き合うのです。
外付けのUSBハードディスクなどは、衝撃などによって中のディスクが破損する恐れがあります。その危険性や、使う度に取り出してケーブルを接続したりする手間などを考えれば、常時接続しているインターネット側に保存用ディスクがあっても良いはずです。