編集作業の注意点

動画を編集する作業を行っていると、何度か失敗をする所が出てきます。
例えば音声がずれて出てきたり、動画がカクカクして動きにくいといったものです。
こうした状況を編集で何とかしなければならないのですが、この時に注意することが幾つかあります。
まず1つが動画全体を変更しないようにすることです。
特定の部分だけ編集することになりますが、場合によっては動画全体に影響が出てしまうこともあります。
そうしたことをしないように、部分的に固定をする程度の対策はしてください。
動画全体にずれが生じると、全ての部分にずれが生じてきて、またずれたということになります。 2つ目に動画のサイズを小さくしてから編集するということです。
動画のサイズや画質によっては、パソコンのスペックに対応しなくて面倒なことになる場合もあります。
それを避けるためには、予め小さなサイズに変更してから編集するのです。
これなら簡単に編集をすることができますし、動画を出力した時に動いていないということも避けられます。 最後の動画の音量を低めに設定することです。
動画の音量を大きくすると、最終的に調整が面倒になりやすいです。
なるべく音量は低く設定し、耳障りな状態にならないようにしましょう!